相続と遺産計画 | Harris Fraser

信託は、英国の法律に基づいた古代の概念であり、一方の当事者が他方の当事者の利益のために資産に権利を保有します。その取り決めの条件は、「信託証書」に定められています。

信託を利用するメリット 資産計画において信託を利用する主な利点は、資産を法的に所有していなくても間接的に資産の管理を維持できることです。

ハリスフレーザーは由緒ある資産管理会社です。

クレア・ラウ 最高営業責任者

税金を最小限に抑える方法は?

税金対策

  • 異なった国にはそれぞれの異なった税法があります。しかし、税金を最小限に抑えるための方法は常にあります。以下の地域を見て、お役に立てるか考えて下さい。
例え
事業経費

顧客または買物客への贈り物、および季節の挨拶を送る費用などのその他の支出は、ほとんどの国で事業または自営業収入に対して控除可能です。当然、自営業者の場合は、自営業による収入から支出されます。

住宅ローンの支払い利子

一部の国の住宅所有者および賃貸不動産所有者は、住宅ローンに支払った利子の全額を、所得または賃貸収入に対してそれぞれ控除することができます。

大学・教育

キャリアのために授業を取っている場合、税控除を受けることができます。費用は項目別に申請して控除可能ですが、この控除は国によって異なる税法規が適用されるため、控除対象の教育費の金額に限られます。

医療費

多くの国では、正当な医療費を控除することができます。例えば、米国では、総医療費が調整後の総収入の割合を超えなければならない場合、項目別控除を受けることができます。その間に、お客様とお客様の配偶者が別々に確定申告した場合、配偶者が医療サービスを受けた時点または費用を支払った時点で結婚していれば、配偶者のために支払った医療費を請求することができます。当然、課税年度に共同申請する場合は、いずれかの年度内に支払った費用はすべて控除可能です。

所得平均化

多くの税制では、所得に応じて税率が変わります。したがって、所得を平均化することで大幅に節税することができます。例えば、収入が来年より低くなることが分かっている場合、新たな会計年度に入ってから前年度ボーナスが支払われるように手配することができます。また、翌年までに投資の売却を延期したり、その他の投資対象を売却して発生した損失と利益を相殺したりする税効果について検討してみて下さい。これらの方法により、次回の高い累進課税での納税から逃れ、コストを削減することができます。

競合他社に勝る点
ハリス・フレイザーは様々な地域やセクターのサービス・プロバイダーと連携してお客様のニーズを特定し、適切な金融商品へのアクセス確保をサポートします。さらに、個々のお客様に合ったソリューションを提供します。
当社の価値
信託の概要

信託は、下記のさまざまな目的にも利用することができます:

  • プライバシー

    信託法は、受託者の厳格な秘密保持および信託業務を規定しています。「会員登録」はありません。受益者の裁量を使用することにより、プライバシーをさらに強化することができます。

  • 家族の資産計画

    現在の世代によって積み上げた資産が、将来の世代に適切に配分されるように信託を使用することができます。

  • 税金の支払いを最小化

    信託は企業よりも柔軟性があり、信託構成によって一般に正当な税の優遇措置とより速い資産貯蓄を実現するためのチャンスを広げます。

  • 資産保護

    信託は、債権者の申し立てがあった場合、家族資産を保護することができます。

Get in Touch
Contact us for a more prosperous future.

Fill in your contact information and our team of experts will get back to you shortly.